Green Station / グリーンステーション

エコマーク商品総合情報サイト

JEA 公益財団法人 日本環境協会 監修
エコマーク商品検索   
エコマークについて グリーン購入法について 環境 / エコマーク制度 Q&A 環境用語解説 当サイト掲載企業 会社概要
エコマーク商品を探す
エコマークカテゴリー
エコマーク商品 / 紙類
エコマーク商品 / 文具・事務用品
エコマーク商品 / 機器類
エコマーク商品 / OA機器
エコマーク商品 / 生活用品
エコマーク商品 / 繊維製品
エコマーク商品 / 建築・土木資材、設備
エコマーク商品 / 防災用品
エコマーク商品 / その他商品
グリーン購入法カテゴリー
当サイトのご利用について
商品掲載について
利用規約
リンクについて
個人情報の取扱いについて
メディア掲載情報
サイトマップ
各サービスの登録方法
納入業者登録方法
見積会員登録方法
会員管理画面
納入業者様
見積会員様
認定基準が異なり認定対象商品がない項目
特定調達品目の基準が「エコマーク認定基準と考え方が異なり、認定対象にならない」その理由・説明です。
 
粘着テープ(布粘着)
粘着テープの基材に再生PETなどを使用した製品があるが、製品全体での再生材料の使用割合が低い。あくまでも、エコマークの基準「再生材料を使用したプラスチック製品」の基準では、プラスチックが主材料となるように基準を設定しており、「その他家庭用品」の区分では、再生材料を70%以上使用することが求められている。
 
マグネット(玉)
マグネット部(金属部)の比率がプラスチック部と比較して大きいため、エコマーク基準のプラスチックの範疇で扱うことができない。あくまでも、エコマークの基準「再生材料を使用したプラスチック製品」の基準では、プラスチックが主材料となるように基準を設定しており、「機能性事務所用品」の区分では、再生材料を50%以上使用することが求められている。
 
マグネット(バー)
マグネット部(金属部)の比率がプラスチック部と比較して大きいため、エコマーク基準のプラスチックの範疇で扱うことができない。あくまでも、エコマークの基準「再生材料を使用したプラスチック製品」の基準では、プラスチックが主材料となるように基準を設定しており、「機能性事務所用品」の区分では、再生材料を50%以上使用することが求められている。
 
紙めくりクリーム
エコマークの基準では、いくら環境に配慮された材料を使用していても、認定されないことがある。(エコマーク事業実施要領 第3章7項 には、「規定の要件を満たした商品であっても、審査委員会で環境保全上問題があると判断した場合は、認定しないことがあります。」と定められている。)紙めくりクリームは、「必要性」との意味で、以前に審査委員会で議論となったが、代替商品(指サック)が広く普及し、一般的に使用されているため認定をされなかった。
 
 
 
▲ このページのトップへ


運営:(株)ファイン 監修:公益財団法人 日本環境協会 Copyright © 2007 Fine co., ltd. All rights reserved.
トップページ お問い合せ 記事一覧 記事一覧