Green Station / グリーンステーション

エコマーク商品総合情報サイト

JEA 公益財団法人 日本環境協会 監修
エコマーク商品検索   
エコマークについて グリーン購入法について 環境 / エコマーク制度 Q&A 環境用語解説 当サイト掲載企業 会社概要
エコマーク商品を探す
エコマークカテゴリー
エコマーク商品 / 紙類
エコマーク商品 / 文具・事務用品
エコマーク商品 / 機器類
エコマーク商品 / OA機器
エコマーク商品 / 生活用品
エコマーク商品 / 繊維製品
エコマーク商品 / 建築・土木資材、設備
エコマーク商品 / 防災用品
エコマーク商品 / その他商品
グリーン購入法カテゴリー
当サイトのご利用について
商品掲載について
利用規約
リンクについて
個人情報の取扱いについて
メディア掲載情報
サイトマップ
各サービスの登録方法
納入業者登録方法
見積会員登録方法
会員管理画面
納入業者様
見積会員様
グリーン購入法におけるエコマークの位置付け
グリーン購入法の基本方針は情報源として、環境ラベルや製品の環境情報をまとめたデータベースなどを挙げています。 これらの情報を十分に活用するには、情報の整理と提供される情報の信頼性、透明性が確保されているかなどが重要なポイントになってきます。

そこで、よりよいグリーン購入を進めるためには、ライフサイクル全体にわたって多様な環境影響を考えているエコマークが参考の1つになります。

各行政機関、特殊法人、自治体が公表している「環境物品等の調達の推進を図るための方針」には19分野261品目があげられていますが、その中でエコマークに関する記載があるものを抜粋しました。
 
記載例
9.制服・作業服(2品目)
・再生ポリエステルができる限り多く使用されている製品を選択する。
※金融庁ホームページより抜粋

・再生ポリエステルが50%以上使用されている製品を選択する。
※財務省ホームページ、 外務省ホームページ、内閣府ホームページ、本州四国連絡橋公団より抜粋

・エコマーク表示の製品を基本とする
※甲府市ホームページより抜粋
※エコマークでは、再生ポリエステル50%を使用することが基準化されています。
10.インテリア・寝装(4品目)
再生ポリエステルができる限り多く使用されている製品を選択する。
※財務省ホームページ、金融庁ホームページ、環境事業団ホームページ、公害健康被害補償予防協会ホームページ、環境省ホームページ、防衛庁ホームページなどより抜粋
II.特定調達物品等以外の平成23年度に調達を推進する環境物品等及びその調達の目標
物品の選択に当たっては,エコマークの認定を受けている製品又はこれと同等のものを調達するよう努める。OA機器、家電製品については,より消費電力が小さく,かつ再生材料を多く使用しているものを選択する。
※法務省ホームページ、財務省ホームページ、外務省ホームページ、警察庁ホームページ、環境省ホームページ、農林水産省ホームページ、内閣府ホームページなどより抜粋
V.その他環境物品等の調達の推進に関する事項
調達する品目に応じて,エコマーク等の第三者機関による環境ラベルの情報を十分に活用することにより,基本方針に定める判断基準を満たすことにとどまらず,できる限り環境負荷の少ない物品の調達に努める。
※法務省ホームページ、財務省ホームページ、外務省ホームページ、警察庁ホームページ、環境省ホームページ、農林水産省ホームページ、内閣府ホームページなどより抜粋
エコマークはISO14024として規格化された、タイプT環境ラベルです。
エコマークの基準は、グリーン購入法の判断基準に適合している商品を選ぶ際の大きな参考になります。
以上より、グリーン購入法の中でも、エコマークの位置付けはかなり重要なものになっていると言えるのではないでしょうか。 では、重要になっている理由になっている、エコマークの特徴を下記に3点挙げます。
1.ライフサイクルを考慮した基準
生産から廃棄まで商品の一生を通した多様な環境負荷を配慮し、認定基準が作成さています。ライフサイクル全体にわたる考慮は、下表「商品ライフステージ環境負荷項目選定表」を用い、その商品類型で重要と考えられる負荷項目を選び、その項目ごとに、先導的な商品がエコマークに認定されるようなレベルで定性的または定量的な認定基準が作成されます。この認定基準は、非常に多項目にわたっています。
「商品ライフステージ環境負荷項目選定表」
環境評価項目  
A.資源採取 B.製造 C.流通 D.使用消費 E.リサイクル F.廃棄
           
           
           
           
 
2.学識者・有識者による第三者認証
学識者、有識者で構成された審査委員会による第三者認証で、マークの信頼性と透明性が担保されています。
 
3.グローバルスタンダード
エコマークは、グローバルスタンダードを目指しています。認定基準の国際的な調和、他の国際機関へのアピール、情報交換などを通じ、ISOタイプT環境ラベル表示の国際的普及・信頼性向上を図っています。
 
エコマークは、国等の特定調達品目の判断基準よりも幅広い側面をチェックしているとともに、グリーン購入法で基準を設定している項目についても概ねより厳しい値になっています。ぜひ、グリーン購入にあたっては、エコマーク商品をご検討ください。
 
 
 
▲ このページのトップへ


運営:(株)ファイン 監修:公益財団法人 日本環境協会 Copyright © 2007 Fine co., ltd. All rights reserved.
トップページ お問い合せ 記事一覧 記事一覧