Green Station / グリーンステーション

エコマーク商品総合情報サイト

JEA 財団法人 日本環境協会 監修
エコマーク商品検索   
エコマークについて グリーン購入法について 環境 / エコマーク制度 Q&A 環境用語解説 当サイト掲載企業 会社概要
エコマーク商品を探す
エコマークカテゴリー
エコマーク商品 / 紙類
エコマーク商品 / 文具・事務用品
エコマーク商品 / 機器類
エコマーク商品 / OA機器
エコマーク商品 / 生活用品
エコマーク商品 / 繊維製品
エコマーク商品 / 建築・土木資材、設備
エコマーク商品 / 防災用品
エコマーク商品 / その他商品
グリーン購入法カテゴリー
当サイトのご利用について
商品掲載について
利用規約
リンクについて
個人情報の取扱いについて
メディア掲載情報
サイトマップ
各サービスの登録方法
納入業者登録方法
見積会員登録方法
会員管理画面
納入業者様
見積会員様
環境ラベルとは?
 
環境ラベルとは、製品やサービスの環境情報を、製品や包装ラベル、製品説明書、広告、広報などを通じて購入者に伝えるものです。 また、環境ラベルには、消費者が環境負荷の少ない製品を選ぶときの手助けになることが期待されており、現状では文章やマーク、広告などのさまざまな形態の環境ラベルが存在しています。消費者が「環境ラベル」という新しい情報で製品・サービスを選べば、市場に今までとは違う力が働き、企業活動や社会を環境配慮型に変える効果が期待できます。

現在、様々な環境ラベルがありますが、その中には、次にまとめたようなISOの規格に従って運営されているものがあります。

ISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構)*では、以下のように環境ラベルを3つのタイプに分けて規格(タイプIIIについては技術報告書)を制定しています。

*ISO:製品やサービスの国際交流を容易にし、知的、科学的、技術的及び経済的活動分野における国際間の協力を助長するために世界的な標準化及びその関連活動の発展促進を目指す機関。
 
タイプI(ISO14024)
“第三者認証”
(JIS Q14024)
第三者認証による環境ラベル



(日本のエコマーク)
第三者実施機関によって自主的に運営
製品分類と判定基準を実施機関が決める
商品のライフサイクル全体を考慮して基準を策定
事業者の申込に応じて審査・認定
(認定後マーク使用を認可)
原則として一国一制度
(日本はエコマーク)
タイプII(ISO14021)
“自己宣言”
(JIS Q14021)
事業者の自己宣言による環境主張
製品における環境改善を市場に対して主張する
宣伝広告にも適用される
第三者による判断は入らない
タイプIII(TR14025)
“環境情報表示”
(TR Q0003)
製品の環境負荷の定量的データの表示
合格・不合格の判断はしない
定量的データのみ表示
判断は購買者に任される
注:このほか、これらに共通する一般原則を定めたISO14020が制定されている。
出典:(財)日本規格協会の資料をもとに作成
 
 
 
 
▲ このページのトップへ


運営:(株)ファイン 監修:公益財団法人 日本環境協会 Copyright © 2007 Fine co., ltd. All rights reserved.
トップページ お問い合せ 記事一覧 記事一覧